地方公務員早期リタイアへの道

地方の役人が日々思うこと感じることを記録するブログ。

飲み会は疲れる

f:id:ponpon2012:20181110002408j:image

こんばんわ。

 

一週間なんとか終わりました。

 

なんだか、最近週5日勤務が大変辛く感じています。

 

今週1度もジムに行けませんでした。

 

早く仕事辞めたいけど、わりと散財をしてしまっているので、まだまだ働かなくてはなりません。

 

しかし、社会人になるとどうしても避けられないのが飲み会です。

 

飲み会ってほんと疲れる。

 

上司にお酒を注ぎに行かなければならないし、普段話もしない同僚にくだらない話をし続けなければならないし。

 

そもそも、会話が続かないんですよね。何を話せばいいの?

 

自分が興味のある話をするだけだと、なんだか自分を見て見てみたいな感じで、自己中心的な振る舞いに見えるし。

 

相手に話の内容を合わせすぎると、大変、退屈でつまらないし。

 

会話の話題がなくなって突如訪れる虚空の時間が辛い。

 

あの瞬間は一体なんて呼ぶのがいいのだろうか。

 

私「そーですよねー。」

同僚「うんうん」

私「・・・・・」

同僚「・・・・・」

 

はぁ、興味のない人と長い時間話すのって疲れる。

 

職場の人に対しては多少なりとも気を使うので、

これまた、疲れる。

 

飲み会断ればいいじゃんってたしかに思います。

 

というかほとんどの場合は断っていますが、たまには100回に1回位は行かなければならないときもあります。

 

この1回だけでも疲れるんです。

 

大勢の人と話しすぎると、家に帰って1人でいてもなんだか心がざわざわして落ち着きません。

 

 

ひとりの時間って大事だなって思います。

 

ささくれ立った心を鎮める時間をとろう。

 

職場旅行とか飲み会を楽しむ事が出来る人が羨ましい。

 

社会不適合者の自分にはなかなか難しい。

 

毎日、顔を合わせる人とわざわざ旅行に行かなくてもいいんじゃないかとかおもっちゃう。

 

まあ、人それぞれ考えが違うので別にいいのですが。

 

わりと最近の若い世代は飲み会に頑として行かない人が増えてきたように感じます。

 

時代の移り変わりでしょうか。

 

自分で自分のことをめんどくさいやつだなと思いますが、なるべく心の平穏を保ちながら生きるように心がけようと思います。

 

もちろん、他人の心の平穏も尊重しながら。

 

人と話すのは好きだけど、他愛もない会話っていうのが苦手なんだよなー。

 

他愛もない会話を延々と続けられる会話術の勉強でもしてみよう。

 

結局は自分の能力が足りないから、人との他愛もない会話が苦痛と感じるのかもしれません。

 

ということで、今後は、会話術の勉強もしていきたいと思います。

 

それでは。